ガルバスラは創作サイト! ……創作サイト、だよな? いや、日記サイト? いやいや、たしか……過疎サイト!(強気)←(なんなっ
  Total = Total Today = Today Yesterday = Yesterday
Galle Basra ~The things which ***** left were exactly Seven cradinal sins.~
  It is for nothing to be provided that understand us. I give prayer to Jesus, and a stomach does not bulge even if I worshiped it.
Jesus as an object of the worship is needless. It is a agitator to lead to a right way that is necessary for us.
There are not Jesus and ... . It is only a shadow named a human being that there is.
>>Phantasmagoria, "PRINCESS"

初心者歓迎 学生チャット『暇人茶屋』アイコンチャットひまちゃ←イラストアイコン8000個超えってどうなのよ?


ガルバスラ - "Galle Basra" - がるばすら

Last Up:2016/04/23 (Sat) 11:10:51 ◆閉ざされた日記 - RSS 1.0 / Atom 1.0

 Galle Basraは紅堂幹人のオリジナル小説,日記,ゲーム攻略,CGI再配布等のサイトです。
 妄言ばかりの文系サイトですが、見ていただければ幸いです。
 引用・リンク時などの注意書きはこのページ下部に書いてあります。

多機能堅牢アイコンチャット「ElDorado Chat-PHP」のサンプルもどうぞ。管理画面サンプルID/PASS付き。

最近専らPerl/PHP弄りなんでCOM CHAT(COMCHAT)改造版「ElDorado Chat」やらサンプルのElDorado Chat-D ダイスチャットElDorado Chat-I アイコンチャットElDorado Chat-R 外ROM人数表示機能付きチャットなんぞを見ていただければと。

Perlのぅ
2016/04/23 (Sat) 11:07:59
紅堂幹人 - 日記ログ

紅堂幹人ールにてCGI改造の問い合わせがあったのでCOM CHAT v5.01ベースにしてElDoraco Chat v1.1として置いとくことにしました。スマホ時代になってるし、文字コードもutf-8にしたし、ってのでデフォルトのフォントを「MS Pゴシック,sans-serif」として指定するようにしてます。入力欄はiOSだとmonospace等幅効かないから強制プロポーショナルになるアレなOS仕様だけど。

カテゴリ:日記 / この記事のURL / コメント(0)
生存確認
2016/04/02 (Sat) 22:04:19
紅堂幹人 - 日記ログ

紅堂幹人東に長期出張して11か月目。生きてはいます。北海道に帰りたいなぁ、とか言いつつ生きてはいます。
ElDorado Chat-PHPやらはちょくちょく手入れてはいるんだけれど、入室のプッシュ通知とかできたらいいよなぁ。スマホの時代ならプッシュ通知必要だよなぁ。Chromeとか使っててプッシュ通知されてたら見るもんなぁ。今はまだメール通知しか実装してないもんなぁ、とかてっけとーなコト考えつつうだうだしてます。

カテゴリ:日記 / この記事のURL / コメント(0)
逆戻り?
2014/10/05 (Sun) 10:31:08
紅堂幹人 - 日記ログ

紅堂幹人妙な感じ。www3.toの短縮URLが旧URLへの転送に設定が先祖返りしてたからgalle.oe-p.comに修正。今時ドメインあるし短縮URLなんぞ意味無いけれど、表に出してしまっているから仕方がないよね。

カテゴリ:日記 / この記事のURL / コメント(0)
メールフォーム
名前 / 件名(問い合わせ内容)
メアド / URL
メッセージ(本文)
No Title xx_xx_xx salvage
2005/04/10 (Sun) 08:17:01
紅堂幹人 - 小説ログ
 季節は冬。クリスマスの前夜――つまりは、イヴだ。街中では恋人たちが寄り添って歩く姿が所々に見られ、降り続ける雪が街路樹に取り付けられたネオンランプと共に輝いている。地面に積もるとまではいかない新雪は降る度に地面へと消えていく。クリスマス・イヴに初雪が降るなんて出来すぎた話ではあるが、雪が現実の物なのだと冷たさが体感させる。
 昼間には若者たちが溢れ還り闊歩し、天候が良ければ冬には程よい温度に温められた温水が噴出され、光を放つ五つの棒が支える正五角形の透明なプラスティックを基盤として、様々な色水が流れる仕組みとなった流動体がモチーフの管のコントラストがオブジェとして不釣合いな美を感じさせる噴水を目印に、ジュディ・スクェアの噴水と称され待ち合わせの場にも使われる買い物通りの広場には、いつの間にか降誕祭に付き物となった彩られたツリーが設置されている。降雪により白く彩られたツリーの前には、周囲から浮いた三人の少年少女が立っていた。周りにいるのは十代半ばから二十代までのカップルばかり。彼らには場違いも良い所だ。しかし、彼らは不思議と場に溶け込んでいた。まだまだ子供の一組の少年少女と保護者代わりの黒髪の少年を他方から見るとすると、子供をお守りする高校生といった所だ。
 絶妙のタイミングで雪が降り出し、文字通りのホワイトクリスマスとなった今宵は、街中の恋人たちがロマンティックな台詞でも吐き合い過ごしているのだろう。考えるだけで、霎司慧は頭を痛くし、溜息を吐きたくなった。恋人のいない彼としては四方八方にカップルが居る広場から早く立ち去りたいに違いない。
 霎司慧[しょうじ・さとる]は齢十七、顔立ちは少々幼さが残るものの、親しみを感じさせる顔だ。年上から可愛いがられそうな顔は愛嬌があり、そこそこの美形に入るのではないだろうか。高等学校に入って直ぐの冬に購入したダッフルコートに包まれながらも、肉付きは良くないだろう痩せ型である事は視認できる。有り体を端的に表現するならば、痩せ型。中肉中背というよりは肉付きが良くないだけというわけだ。
 慧の目には自分から見ると一回りまでとは行かないが、百八十度の角度は歳が違うだろう少年と少女が映っている。慧と比べれば、二人は共に特徴のある容姿をしている。
 まず目に入るのは少女の肩辺りまで伸びた少し癖のある赤毛だ。彼女の髪の毛色は赤色に褐色を帯びた物なのである。欧米人に多いだろう赤毛を持つニースの目の色は、これまた欧米人に多い碧眼だった。紅毛碧眼とはよくいったものだ。しかし、顔立ちは何処と無く日本人のそれに似て、この事からも彼女が日本人の血を少しは引いていることが知れる。クォータといった所だろうか。いや、ワン・エイスと、ほんの少ししか血を引いていないかもしれない。ワン・エイスまでなると、雑種とも取れるのだが。
 二人は十代になって間もない背格好で、小学校高学年から中学生といった程度だ。文字通り少年少女というわけだが、慧には妙に大人びて見えた。どちらも大人びているには違いないのだが、際立っているのは間違いなくアージェだ。
 ニースと対になるように立っている茶髪の少年が、アージェである。彼は、限りなく日本人に近い顔をしていた。数年すれば若者たちの群れに溶け込む事は簡単だろう。そういう意味ではありふれているのだが、格好――服装が目を引いた。彼は、ロングスカートを穿いているのだ。上着は白のセーターにマフラー。この季節からすると寒く思えるが、中は厚着をしていて懐炉が身体を温めている。脇腹辺りまで伸ばした長い後ろ髪をツインテールに纏めていて、見れば性別を見間違う事は確実といった容姿である。
 性別上男に分類されている人間が女装をするのであれば、女装が如何に完璧なものであろうと、ボロが出るものだ。だが、年功も無く、顔や体格が男女を区別できる程の年齢に達していないのであれば無関係である。その点、アージュの顔立ちは、素材が中性的な顔立ちであり、成長しきっても女装のままで違和感の無いものだ。
「待つのは好きだけど、待ち惚けは嫌だよ。何時間でも、何日でも、何年でも良い。待ってるのは苦じゃないよ。けど、待っても、待っても、相手が来ないのは嫌なの。私は、君が思っているよりも強くないの。忘れてたじゃ済まない事だって、あるの。わかる? 私が君をどれだけ待ったか、わかる? 八年。私、ずっと君のこと、待ってたんだから……」
 ニースが流暢な日本語で喋り、アージェの前で泣き出した。何事かと、周囲のカップルの視線が集中するが、アージェは涙を流すニースに動じる事も無く、小さな体躯を抱き寄せ、耳元で囁いた。それらの動作は流れるように自然ありながら、全てが脚本によって仕組まれた虚構の――ドラマのワンシーンのようにも思える。完成された動作、とでも表現すれば良いのだろうか。子役としてデビュしても、自然と受け入れられるだろうし、その道を歩むのであれば俳優として有名になるだろう事は容易に想像できた。
「待たせてすまない。俺だって、お前に会いたくて仕方が無かったんだ。俺はお前を待たせたけど、忘れた事なんて無い。一日でも早く、戻ろうとした。今だって、お前の事が好きで、好きで、仕方が無いんだ」
 アージェはニースの頬を伝う涙を指で拭い、二人は唇同士が触れる程度のキスを交わした。子供らしい、キスである。
 周囲の人々は、二人が抱き合ってキスを交わす光景から目が離せなかった。数秒し、イヴの雪降る夜という雰囲気に飲まれ、恋人たちはキスを交し合った。
 中にはまだ二人を見ている組もいるが、大体の視線が逸れるのを確認すると、慧が指を鳴らした。指パッチンである。
「聖夜の奇蹟はこれにて終わる。奇蹟は仲を繋ぎ、苦より解き放たれし報われぬ二人は共に、還る」
 慧が一息吐くと、アージェとニースは顔を離し、微笑み合った。
「二人共、お疲れさま。これで最後だよ。やっぱりクリスマスは、奇蹟を望んじゃうものなんだなぁ……」
 労いの言葉を無視し、二人は再度唇を合わせた。アージェはニースの後頭部に右手を回し、情熱的なキスを求める。お互いに目を閉じ、口を開けて、舌を伸ばそうとした所で、慧は頭を頭を抱えて半眼になって、
「イチャ付くなら帰ってからやれ、お前ら。ここはお子様の居ていい場所じゃねぇぞ」
 水を差した慧に、二人は拗ねた顔をして反撃に出た。
「モテない人の僻みー。僕たちがラブラブだからって、僻んじゃ駄目だよ」
「そうそ、マダムキラーのしょうちゃんに言われたくないよねー。それに、しょうちゃんの方がここに合わないよ」
 キスを交わし、抱き合っている周囲の光景を視界に入れ、マダムキラーこと霎司慧は二人の手を引きその場を離れる事にした。
カテゴリ:小説 / この記事のURL / コメント(0)
紅堂幹人メモ
2014/02/24~03/10
2014/01/10~01/31 有料サーバ 3GB sakura.ne.jp 入金日(\500*12m=\5,000) => SAKURA Internet
紅堂幹人主催サイト
ElDorado創作WebRing オリジナル小説リング ネット創作求人所 助っ人さんを募集していますっ 共有お絵かき掲示板 おえび

注意事項

・このサイトにあるバナーを除く全ての画像・文章等を作者の許可無く引用・転載・改竄・再配布することを禁止します。
 また、日記の紅堂幹人の発言の引用・転載もこれに含まれます。リンク許可は基本的にトップページ(ここ)のみです。
 トップページへのリンク+コンテンツHTMLならばディープリンクも許可するようにします。

・当サイトを閲覧することによって生じたあらゆる問題・不利益について、当方は一切の責任を負いません。
 以上の条件に同意頂けれるならば、当サイトへのアクセス・閲覧を許可します。
尚当方は、この文章を確認せずにアクセス・閲覧した場合は以上の条件に同意を頂けたと解釈します。
 他の注意事項や当サイト概要などはこちらをどうぞ。

 当サイトはhttp://galle.oe-p.com/で運営しています。
 また、http://yotubee.myhome.cx/usr/gallebasra/がミラーです。ぷ~さんに感謝!
 トップページのみ無断リンク許可。Link Free(張るの自由)・Unlink Free(外すの自由)です。
 リンク返しはReferrerを見て気ままにする方向で行きます。相互リンク希望は申し出てください。
 Windows Liveメッセ・Google Talk・連絡用兼用:mailadress