酔っ払い
2008/07/01 (Tue) 00:18:40
紅堂幹人

紅堂幹人しぶりにカクテルやら飲んでる気が。楽しいからいいか。起きたら二日酔い、頭痛いわけですよ(滅)。某お姉さまと謎トーク展開。自分だけが酔って色々曝け出してたような気がします。うがぁ。別にええけど。
 1時頃:カロリ。マンゴーラッシー/23時頃:カクテルパートナー スクリュードライバー
 本日の読了⇒とある魔術の禁書目録16

カテゴリ:日記 / この記事のURL / コメント(0)
比較
2008/06/30 (Mon) 07:34:12
紅堂幹人

紅堂幹人激に冷めて行くのを感じた。やっぱり俺は餓鬼のままでいよう。俺は独りで生きていく方が良いのだろう。言っていただろう。そこまで縛って。そこまで拘束力のある。その言葉。同じ行動同じフリじゃレベルが変わらん。代わりにしかなれないようならつまらない。止めてしてまえばいい。そうだとも。俺は俺で、結局独りに戻っていく。命式も悪効果多く、影響されやすい。自ら死を選ぶ末路が見えそうだ。年を取らない為に俺は成長を止めようか。単純でいい。俺は俺で。
 12時52分。
 帰りにガソリンスタンド前を通ると月末だと気づき補給。また値上がりか。仕事中にイヤホンが壊れたので買い替え。やっぱりカナルタイプ。
 カロリ。イエローフルーツバスケット、同ブルーハワイ
 本日の読了⇒首領に捧げる子守歌

カテゴリ:日記 / この記事のURL / コメント(0)
WORD「厄日」
2008/06/29 (Sun) 05:11:41
紅堂幹人

紅堂幹人の言葉が胸を苦しめる。今のままの自分では耐えられないという事だろうか。ただ、それ(変化)を許してしまえば自分が自分でなくなりそうになる。考え始めると、眠るに眠れない。雨で涼しいはずなのに。黒薔薇保存会とかネタな堀江由衣PV見て笑う。しかし、気分は晴れない。
 1時間だけでも眠れた。まだ良しとしよう。
 今日は厄日。とにかく厄日。大雨だわ何か通勤途中微妙に土砂流れてたような気がしたし、こすったし忙しくて休憩無しだったし睡眠不足でぶっ倒れそうだったし。最後のは自業自得じゃね、と思うけど。厄日。明日はいい事あるさ、と言い聞かせてみる。

カテゴリ:日記 / この記事のURL / コメント(0)
のいずー/やっぱダメだ
2008/06/28 (Sat) 12:33:12
紅堂幹人

紅堂幹人ぜかニコニコでNOIZの動画見て笑ってたり。なんちゅーか楽しい。NOIZ好きだなぁ。
 気分がダウンする。すんげぇ調子悪い。何もかも壊して/壊れてしまえばと思う。不調期突入か。
 ⇒単純に甘いもの食べて復活、という一時凌ぎしてみる。マーブルケーキ1カット美味しいっ。チーズケーキもいいなぁ。嫌な事は甘いもの食べて晴らすという超乙女的思考を持つ紅堂です。あれ?

カテゴリ:日記 / この記事のURL / コメント(0)
炒めるだけ
2008/06/27 (Fri) 19:43:13
紅堂幹人

紅堂幹人見してなかったスーパーを見る。ついでにヰスキー購入。REDポケットサイズ39度。ウィスキーも飲めるなぁ。肴のきのこ炒め美味しかったり。

カテゴリ:日記 / この記事のURL / コメント(0)
余裕ないわけで
2008/06/26 (Thu) 20:04:16
紅堂幹人

紅堂幹人で日記書いてないっ、というよりも書こうとしてる自分マジ余裕。そういえば、と高校時代を思い出す。やんちゃだったなぁ。
 本日の読了⇒トゥインクル・クロニクル

カテゴリ:日記 / この記事のURL / コメント(0)
吹きそうになる
2008/06/25 (Wed) 11:32:53
紅堂幹人

紅堂幹人ラを。違います。吹きそうになりました。アクエリアス Freestyleっての買ってみたんだけど、炭酸なのね。普通のスポーツドリンクの新しいのかな、と思ったら炭酸で吹きそうになった。あと、髪切ったり。63kg台突入しそうです。身長:173.5cm、体重:63.5kg、って何かバランス取れてて良さそう。身長素でわからないんですが。病院行こうか。

カテゴリ:日記 / この記事のURL / コメント(0)
胸の痛み
2008/06/24 (Tue) 11:03:54
紅堂幹人

紅堂幹人し、痛い。肉体的な物ではないから厄介なわけですが。
 本日の読了⇒龍盤七朝 01 DRAGON BUSTER

カテゴリ:日記 / この記事のURL / コメント(0)
美味い日本酒/巣食う魔物
2008/06/23 (Mon) 00:14:04
紅堂幹人

紅堂幹人当に美味い酒だ。「幻の瀧 純米吟醸 無濾過生原酒」。500mlで1000円だけある。こうまでぐいぐい呑める酒久しぶりな気が。
 脳内に巣食う魔物が居る。それは無垢な物だけを欲しがるグルメで。現状、俺はその魔物と共生しているのだ。俺はこの魔物と共に1匹と1人きりで生きていくしかないのだろうか。これまでもそうだったろう。これからも同じだとして、それが何になる。自分が歪んでいる自覚はあっただろう。歪んだ俺よ。選んだのは自身だ。俺に、■■■があったのだろうか。俺は……。諦めることはしない。餓鬼のままで居続けようか。
 突然彼女の目の前に雪の妖精が現れ、教室内は静まり返った。僕だって目を瞬かせてそのシーンを見ていた。背の丈30程度、雪の妖精としては稀な程に大きい固体だ。普通に居る妖精のサイズが掌大なのだから違いがわかる。妖精が少女に手を差し伸べた。少女もおずおずとその手に触れる。すると、雪の妖精は微笑んだ表情を浮かべ、離れていってしまった。妖精の気まぐれか。周囲が彼女を囲み、喧騒に包まれる。――何なんだあれ――触った感想は――雪の妖精に選ばれた――雪の力を持っている――妖精論について論議を交わす生徒も居る。あれこれと騒がしい教室に教師が入ってきて「Aqwbelinaさん」と彼女に呼びかけた。教師と彼女――アクベルナが教室を後にした後も教室は騒がしいままだった。Aqwbelina Arkgelin Arfarfan。AAA(トリプルエー)の名前を持つ彼女は、落ちこぼれとして周囲に見られている。その彼女に”たまたま”大きい雪の妖精が近づき、手を差し伸べた? 僕はそのシーンに釘付けになっていたにも関わらず、何もわからない。
 幻の瀧 純米吟醸 無濾過生原酒 400ml程度
 観了⇒コードギアス R2 10~11話

カテゴリ:日記 / この記事のURL / コメント(0)
スピリタス-96度のウォッカ-
2008/06/22 (Sun) 12:15:18
紅堂幹人

紅堂幹人ピリタスをほんのちょっと、グラスに注ぎ、舌を入れる。舌が焼けるようにじんわりと熱くなる感覚を覚えた。少量でも口に含んでみると、唾液が物凄い勢いで分泌されるのがわかる。口内でアルコール度数が低くなるのを待っても96度から70度前後に下がる程度で、飲み下すのに抵抗を覚える。口内が熱い。そして呑むと、じんわりと喉から順に体が熱くなっていくのがわかる。スピリタスがどこを通っているかがわかるのだ。ってことで、、、カクテルやら作る時にしか呑めなさそうな気が。まずストレートで飲もうとしてる自分がどうかしてるんだろう。

カテゴリ:日記 / この記事のURL / コメント(0)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238前へ次へ